. . .

良いではないか。